trivia99

最新のトレンド情報からあるある豆知識を随時紹介します。

しし座流星群 観測できる時間と方角は?流れる数は?

time

しし座流星群 観測できる時間と方角は?流れる数は?
この記事の所要時間: 220

10月21日のオリオン座流星群も終わり、
次の観測できる11月の流星群は…

11月05日頃に極大日になる おうし座南流星群と
11月12日頃に極大日になる おうし座北流星群!

11月18日頃極大日になる しし座流星群 の3つです!

特にしし座流星群は 2001年11月18日の極大日に
一晩に数千個もの流れ星が流れた事があるだけに期待したいのですが…

まずは11月5日に観測できる

おうし座南流星群とおうし座北流星群 時間と方角 流れる数は…

冬の星座のおうし座は、日付が変わる時間の前後に高い位置になるので、
真夜中ごろが最も良い観測時間になります。

流星が流れる方角は、全天に流れるので、
どの方角でも観ることができます。


フル動画はこちら

…が、流れる数が1時間当たり5程度と少ないので、
暖かい恰好をして気長に流れるのを待つ覚悟が必要です。

運が良ければ、明るい火球を観ることができるかも?

それに…

秋は1年のうちでも一番流れ星を観ることができるので、
おうし座南流星群とおうし座北流星群以外の流れ星を見つけられる
可能性もありますよ!!

しし座流星群 時間と方角 流れる数は…

しし座流星群は33年周期で「流星雨」と言われるくらい
流れ星が流れることがあると言われてます。

…が、ハッキリって、2013年のしし座流星群は、
11月18日頃が満月で一晩中明るいという最悪な観測条件のため
あまり期待できません!

それに流れ星の数もあまり多くなく1時間当たり10個程度。


フル動画はこちら

2013年のしし座流星群の観測条件は悪いですが、
観測するのなら…

11月18日 0時頃~18日明け方頃が
一番可能性がおススメできる時間帯です。

・11月17日 夜半~夜明けまで
・11月19日 夜半~夜明けまで

しし座は真夜中過ぎに東の空から昇ってくるので、
市街地を避けた東の空を見渡せる場所で、
暖かい恰好をして気長に観測してください。

しし座流星群が33年周期で「流星雨」になる理由は…

しし座流星群の元になっている「テンペル・タットル彗星」
33年周期で地球に帰ってきて、流星となる多くの塵を放出するためと
考えられてます。


※画像引用先 http://www.astroarts.co.jp/special/leo2002/knowledge-j.html

次にテンペル・タットル彗星が地球に近づくと予測されているのが
2030年頃ということなので…あと、17年後?

こっちは11月末に地球に近づく…
アイソン彗星 観測できる方角は?おススメ時期と時間は?