trivia99

最新のトレンド情報からあるある豆知識を随時紹介します。

こどものいびきは要注意!原因と治療法は?この症状はチェック!

time

こどものいびきは要注意!原因と治療法は?この症状はチェック!
この記事の所要時間: 244

大人のいびきには悩まされることがありますが、
こどものいびきは要注意です!

風邪をひいて鼻が詰まっている時は
いびきをかくこともありますが…

基本的に、こどもはいびきをかかないって
知ってました?

なのに約10%のこどもがいびきをかきます。

こどもがいびきをかく原因

普通に穏やかで静かな寝息程度のいびきなら
それほどきにすることはありません。

…が、

激しいいびきだったり、
呼吸が苦しそうないびきなら、
間違いなく要注意です!

いびきの主な原因

・扁桃腺肥大
・アデノイド肥大
・鼻の疾患

殆どのいびきの原因がこの3つです!

…が、

稀に「肥満」が原因になっていることも
あるみたいですよ?

【扁桃腺肥大】
口蓋扁桃(こうがいへんとう)が大きく肥大している状態!

口蓋扁桃というのは、
口を大きく開けた時に喉の奥の両側から飛び出している
リンパ組織のカタマリのことです。

そもそも子どもは、口蓋扁桃が大きいのですが、
5~7歳位が一番大きくなります。

いびきをかくのも、
この時期との関係があるみたいですね?

【アデノイド肥大】
鼻からのどに変わる部分の上咽頭にあるリンパ組織のかたまりが
肥大している状態のこと。


※画像引用先:南東北病院グループHP

2~5歳位が一番大きな状態ですが、
それが肥大する原因や症状がどうしてでてくるのかということは、
まだハッキリとしてないみたいですよ。

風邪になったりした時にアデノイド肥大の症状がでて、
いびきをかくのと関連があるとも考えられているようです。

【鼻の疾患】
アレルギー性鼻炎や副鼻腔炎などが原因となって、
口呼吸することでいびきをかくことになります。

最近 アレルギー性鼻炎などの鼻の疾患が原因で
いびきをかく子どもが増えてきているとか?

いびきの弊害

・睡眠不足による学力や運動力の低下
・集中力や注意力の低下
・普通の時でも口呼吸をしている
・夜間の激しいいびき
・呼吸が苦しいため寝相が悪い

上記症状以外にも、いびきが重度になると
下記の症状になることもあります。

・アデノイド顔貌
アデノイド肥大によって、顔が歪んだりたるんだりする症状

・漏斗胸
前胸部がへこんでしまう病気。

・睡眠時無呼吸症候群
症状が重いと低酸素血症になって、
成長発達に影響がでてくることもあります。

いびきの治療法

アデノイドは成長するにつれ小さくなっていき、
最終的にはなくなるので心配はありません。

…が、大人になっても残ってしまうことがあるので、
手術で切除するのが一般的です。

手術する場合の年齢としては、
年齢が小さい方が傷口の治りも早いという理由から
4~6歳の間がいいようですよ。

この年齢になると、感染症の心配も少ないので、
お父さんもお母さんも安心してください!

いびきが無くなると寝不足が解消され、
早寝早起きになりますよ。

4歳未満の乳幼児の場合には、
耳鼻咽喉科の専門家の先生と相談して、
適切な治療を受けることをお勧めします。