trivia99

最新のトレンド情報からあるある豆知識を随時紹介します。

エルニーニョ現象とは?冷夏になる原因?それに…

time

エルニーニョ現象とは?冷夏になる原因?それに…
この記事の所要時間: 252

エルニーニョ現象
5年ぶりに発生する可能性が
あるみたいですね?

エルニーニョ現象が発生する年は、
冷夏になるといわれているので、
暑さに弱いわたしには嬉しいんですけど…

エルニーニョ現象とは

Wikipediaによると…
太平洋の赤道 中央付近から南米のペルー沿岸にかけての
海面の水温が平年より高くなる現象のことで、
数年に一度程度の確率で発生して、
半年から1年半ほど続くみたいですね?

エルニーニョ現象は、
世界的な異常気象の原因になるとも
言われてます。

冷夏になる原因?

エルニーニョ現象が発生すると、
日本付近では太平洋高気圧の張り出しが弱くなって、
冷夏になる原因になってます。

また、雨も多く(多雨)なって、
日照時間が少ない寡照(かしょう)になることも
冷夏になる原因になります。

エルニーニョ現象が発生した前回のデータでは…

■北・東・西日本の各地域で日照不足

■多くの地域で梅雨明けの遅れ
※九州北部と近畿、東海地域の梅雨明けは8月
※中国、北陸、東北地域では梅雨明けなし

■中国・九州北部豪雨(7月)

ちなみに前回(2009年)の各地域の梅雨入りは…

東北北部:6月04日頃 降水量:155%(かなり多い)
東北南部:6月04日頃 降水量:96%(平年並)
北陸地方:6月03日頃 降水量:115%(平年並)
関東甲信:6月03日頃 降水量:95%(平年並)
東海地方:6月03日頃 降水量:104%(平年並)
近畿地方:6月03日頃 降水量:93%(平年並)
中国地方:6月03日頃 降水量:125%(多い)
四国地方:6月03日頃 降水量:87%(少ない)
九州北部:6月03日頃 降水量:120%(多い)
九州南部:6月02日頃 降水量:52%(かなり少ない)
奄美地方:5月18日頃 降水量:93%(平年並)
沖縄地方:5月18日頃 降水量:94%(平年並)

沖縄地方は5月5日(2013年よりも5日早く)に梅雨入りしたので、
今年は梅雨入りが早そうな気がします。

梅雨明けはというと…

関東甲信地方:7月14日頃
東海・近畿地方:8月3日頃
四国地方:7月30日頃
九州北部:8月4日頃
九州南部:7月12日頃
奄美地方:7月5日頃
沖縄地方:7月6日頃

東海・近畿地方と九州北部は
なんと2ヵ月も梅雨状態でした。

ムシムシジメジメが2ヵ月も続くと思うと
今からぞ~~~っとします。

それに梅雨時期というのは、
熱中症になる人が増え始める時期でもあるので、
要注意!

梅雨時期には急に天候が回復して、
ムシムシと暑くなり、
高温多湿となる日がありますよね?

こんな時が一番危ないです。

梅雨の合間のこんな日は、

体内の水分や塩分のバランスが崩れたり、
体温調整機能がうまくできずに体内に熱がたまり、
室内にいても熱中症になります。

特にこむらがえりやけいれんなどの筋肉痛や
大量の発汗がおこったり、吐き気や倦怠感などの症状になった時には、
重症になると意識障害を起こすことも。。。

エルニーニョ現象で冷夏になるといわれてますが、
その前長くなりそうな梅雨は注意が必要ですよ!