trivia99

最新のトレンド情報からあるある豆知識を随時紹介します。

どんぐり パンの作り方とそれ以外の美味しい食べ方!簡単にできるのは…

time

どんぐり パンの作り方とそれ以外の美味しい食べ方!簡単にできるのは…
この記事の所要時間: 318

秋の遠足などで、子どもたちが
山や公園から拾ってくる「どんぐり」!

どんぐりでこんなのを作るのも楽しいですが…

ホントはどんぐりって、美味しいんですよ。。。

特に栄養価も高いどんぐりを使った「どんぐりパン」なんかおススメです!!

【どんぐりパンの作り方】
どんぐりパンといっても、パンの作り方は普通のパンと同じなので、
どんぐりの下処理のやり方を説明します。

1.どんぐりを水でよく洗い、水に沈んだどんぐりだけを使います。

2.鍋に水とどんぐりを入れ、約20分ほど中火で煮てください。

3.どんぐりを鍋から取り出して荒熱を取り、皮を剥きます。
※ラジオペンチなどを使えば簡単に剥くことができます。

4.中身だけを再度鍋に入れ、灰汁(あく)を抜きます。
※くぬぎは灰汁(あく)が多いので、数回 灰汁抜きを繰り返してください。

5.灰汁抜きができたどんぐりをミキサーにかけ、刻んで完成です。

6.刻んで準備のできたどんぐりをパンの生地に混ぜ、後はいつも通り、
パンを作れば出来上がりです。

どんぐりパンに使うどんぐりは「まてばしい」「スダジイ」というのが
渋みも灰汁(あく)も少ないのでおススメです。

まてばしい

スダジイ

どんぐりというのは、ブナ科(クヌギ・カシ・ナラ・カシワ)の木の
「種子」だと思っている人も多いと思いますが、「果実」です!

ですから、どんぐりは縄文時代から貴重な食料として食べられてます。

貴重な食料となっていたどんぐりに含まれている栄養価は…

・脂肪:18%
・タンパク質:6%
・炭水化物:68%

ビタミンA、Cをはじめアミノ酸も多いです。

…が、「タンニン」が多く含まれている種類のどんぐりは
下痢や便秘の原因にもなるので注意が必要です!

【美味しいどんぐりの見分け方】
どんぐりパンに使うどんぐりとして紹介した「まてばしい」「スダジイ」や
「ツブラジイ」などのシイ類のどんぐりはタンニンが少ないので安心してください。

【どんぐりの簡単な食べ方】
・どんぐりクッキー

※画像引用先 http://mamakidsnetwork.jp

どんぐりの下処理は必要ですが、作り方も普通のクッキーと同じで、
どんぐりパンのように発酵させる必要がないので作るのも簡単ですよ。

・どんぐりコーヒー

使うどんぐりは「まてばしい」がおススメです。

どんぐりの下処理もどんぐりパンと同じです。

1.ミキサーにかけて刻んだどんぐりを粗めのザルで選別し、
できるだけ細かく粉砕してください。
2.細かくしたどんぐりをフライパンでゆっくりと焙煎していきます。
3.約20~30分程度で焙煎し、褐色になって香ばしい香りになれば完成です。

※300gのどんぐりでどんぐりコーヒー約30~35杯分になります。

どんぐりクッキー、どんぐりコーヒーも簡単ですが
もっと簡単な美味しい食べ方は…

・生どんぐり
スダジイ、ツブラジイ、マテバシイなどのどんぐりは、
甘みもあるのそのまま生でも食べられます。

・煎りどんぐり
スダジイ、ツブラジイ、まてばしい、シリブカガシなどのどんぐりは、
カラのついたままフライパンで弱火で煎るだけで、
美味しく食べることることができます。
※強火で煎るとはじけて飛ぶことがありので注意してください。

弱火で煎っていき、殻に割れ目がはいって、
香ばしい香りがしてきたら出来上がりです。

味がついていないので、軽く塩を振って食べるとおいしいですよ!
※灰汁抜きをしていないので、食べすぎには注意してください。

食欲の秋! 自然の恵みを美味しく食べてみませんか?

食べた後には、正しい歯磨きで虫歯予防をお忘れなく!!