trivia99

最新のトレンド情報からあるある豆知識を随時紹介します。

子どもの夏風邪対策、症状緩和には手作り経口補水液がおススメ!

time

子どもの夏風邪対策、症状緩和には手作り経口補水液がおススメ!
この記事の所要時間: 518

暑くなってくると、
熱中症ばかりが話題になってきますが、
「夏風邪」になる人も増えてきます。

この夏風邪!になるのは、
大人よりも子どもの方が多いということを
知ってました?

特に夏風邪は「高熱・下痢」になることが多いので、
小さな子どもには油断ができません!

夏風邪は長引くとよく言われいるので、
待ちに待った夏休みなのに…

と、いうことにならない為に、
夏風邪の予防と対策法を覚えておいてください!

夏風邪に子どもがかかりやすい原因

・夏風邪の原因となるウイルスが多い場所に行くことが多い
夏休みといえば…プール!

「プール熱」と言われることがあるように、
夏風邪の原因のウイルスが多い場所といわれてます。

プール以外の場所は、
学校やエアコンが効いた場所(図書館、児童館など)

・大人よりも抵抗力が弱い
子どもは大人よりも抵抗力が弱く、
特に夏場は暑さで体力を消耗することが多いです。

子どもがかかりやすい夏風邪の種類は?

・プール熱
夏風邪のひとつ「プール熱」は咽頭結膜炎とも言われ、
5歳以下の子どもが多くかかります。

・ヘルパンギーナ
「ヘルパンギーナ」も夏風邪のひとつで、
4歳以下の子供がかかりやすい夏風邪です。

ヘルパンギーナの特徴として、
1歳くらいの子どもに流行することが多いです。

・手足口病
「手足口病」も夏風邪ウイルスが原因の感染症のひとつ。

毎年5歳以下の約90%前後の乳幼児が
かかるといわれてます。

子どもがかかりやすい夏風邪の症状

・プール熱
高熱が1週間程度続き、
目の充血やのどの痛みなどの症状があります。

プール熱は感染力が強く、
学校を数日間は休むことになります。

■潜伏期間:5~7日間
■発症:3~5日間

・ヘルパンギーナ
突然 高熱になることが多いだけでなく、
のどに水泡(口内炎)ができ痛みがきついのが、
ヘルパンギーナの症状の特徴です。

熱は2、3日で下がりますが、
のどの痛みがなくなるのは1週間程度必要。

幼児の場合…

のどの痛みがなくなる1週間の間は、
不機嫌になったり、食欲がなくなるので、
お母さんは特に注意してあげてください。

■潜伏期間:3~6日間
■発症:2~4日間

・手足口病
手足口病は、夏から秋にかけて
6歳以下の子どもの約90%がかかるといわれてます。

症状は微熱や食欲不振などが現れた後、
口腔粘膜や手足に赤い水疱が表われます。

そんなにひどくはありませんが、
下痢の症状がでる子どももいるので、
注意が必要です。

ホント稀にですが…

中耳炎を併発したり、髄膜炎になることもあるので、
頭痛・吐き気・けいれん・高熱などの症状がある時には、
すぐに診察を受けてください。

特に手足口病にかかるのは、
2歳以下が多いというデータもあるので、
2歳以下の乳幼児のお母さんは注意!

■潜伏期間:3~6日間
■発症:2~4日間

最初の1~2日に
38度くらいの微熱がでることもあります。

夏風邪の予防法

・プールや人ごみの多い場所は避ける
・クーラーで身体を冷やしすぎない(適温26~28度)
・睡眠をしっかりととる
・栄養バランスが取れた食事をする
・手洗いとうがいをしっかりする
・こまめな水分補給

プール熱や手足口病のウイルスには
有効な薬や特定の治療・予防法はないので、
毎日の心がけが大切です!

夏の暑さで免疫力の弱くなっている大人でも
プール熱、ヘルパンギーナ、手足口病に感染する事もあるので、
注意してください!!

夏風邪の対策と治療法

夏風邪ほとんどの場合は、
3日~1週間程度しっかりと栄養をとり安静にしていれば、
自然治癒します。

…が、

ひどくなると子どもや高齢者の場合、
肺炎や髄膜炎や脳炎などを引き起こす事もあるので、
周囲の人は注意してください。

夏風邪は口内炎などのどの痛みがあるので、
食欲不振になってしまうことがあります。

そんな時や”こまめな水分補給”に役立つのがこれ!

飲む点滴「経口補水液」!

「経口補水液」は夏風邪だけでなく、
熱中症対策、下痢などの脱水症状のときにもおススメなので、
是非作り方を覚えておいてください!

経口補水液の作り方

「経口補水液」は飲む点滴といわれていますが、
身近にあるもので簡単に作れます。

【用意するもの】
・ペットボトル(1000ml)
・水
・砂糖
・塩

【作り方】
水1000mlに対して、

・砂糖:40グラム(大さじ4杯)
・塩:3グラム(小さじ半分)

ちなみに…

砂糖大さじ4杯というのは
ペットボトルキャップで8杯

大さじ1杯=ペットボトルキャップ2杯

塩3グラムはというと、
写真(下)の赤丸で囲んだ部分くらい。


※ペットボトルキャップによっては
この部分が無いものもあるので
必ず使う前に確認してください。

用意した水に砂糖・塩を入れて混ぜれば、
はいっ出来上がり!

作っていて溶けにくい時には、
ちょっと温めると溶けやすくなりますよ。

作った「経口補水液」の味は正直 美味しくないので、
レモンなどを少し加えても大丈夫です。

※注意
「経口補水液」は長持ちしないので、
1000mlはちょっと多いなぁという時は、
分量を全て半分にして500mlにしてください。

飲み方も一気の飲むと逆に吐いたりすることもあるので、
1日に1000ml(又は500ml)を少しずつ飲むのが、
症状緩和には効果的です。

脱水症状の子どもに飲ませるのは、
スポーツドリンクよりも「経口補水液」のほうが、
最適だといわれているので、いざという時には、
作ってあげてください。

おまけ

ペットボトルキャップで計ってまで…

というずぼらなあなた!

もっと簡単な方法は、

コップ1杯の水
「塩ひとつまみ+砂糖を軽く一握り」
混ぜれば完成!!


※塩ひとつまみ=親指・人さし指・中指の3本の指先でつまんだ量

いざという時に役立つ豆知識でした。。。
ではでは…