trivia99

最新のトレンド情報からあるある豆知識を随時紹介します。

RSウイルス感染症 大人の感染予防と対処法!薬は?

time

RSウイルス感染症 大人の感染予防と対処法!薬は?
この記事の所要時間: 251

RSウイルス感染症(乳幼児の代表的な呼吸器 感染症)が
例年以上の早いペースで流行しています。

どれくらい早いペースなのかというと…

すでに2012年の同じ時期の3倍!!!

現在の患者数は1414人!!!

まだ本格的な冬には早いにもかかわらず、
このペースだと調査開始以来最多となりそうな最悪状態だとか?

RSウイルス感染症 症状

・発熱
・ぜんそく
・細気管支炎(感染者の約3割程度の人は気管支炎や細気管支炎を発症)
・肺炎
・鼻水

※乳幼児の場合
・顔色が悪くなって哺乳量が減少してきます。
・せきが出てゼイゼイというぜん鳴が起こります。

RSウイルス感染症は、
日本では2歳までの乳幼児のほぼ100%が
初感染している感染症です。

…が、初めて感染する乳幼児は
重い肺炎の原因にもなるみたいなので、
特に注意が必要みたいですよ!

RSウイルス感染症は、年齢に関係なく何度でも感染しますが、
繰り返していくうちに症状が軽くなっていって、
大人になると普通の風邪程度となります。

高齢者が感染した場合には、
重症の下気道炎を起こす事もあるようなので、
特に注意が必要となるようです。

症状がひどくなると、肺炎や細気管支炎を起こしたり、
突然死につながる無呼吸発作や急性脳症などの
重篤な合併症を併発することも?

軽い鼻水ならこの方法で止められますけど…

ちなみにアメリカのデータでは…

1歳未満では、RSウイルス感染症関連の年間死亡率が
インフルエンザ関連の年間死亡率よりも高いとか?


補足動画はこちら

RSウイルス感染症 潜伏期間

潜伏期間:4~6日間

初期症状:発熱・鼻汁の症状が数日続きます。

RSウイルス感染症 予防法

咳やくしゃみなどの飛沫やコップなどを通じた接触感染が多いので、
高齢者の方の長期療養施設内での集団発生することもあります。

こういった施設だけの問題ではありませんが、
うがいや手洗いの励行やマスクを着用することが
感染予防法としては一番大切です。

また、幼稚園や保育園での予防法は、
子供が触れるおもちゃ、手すりなどはこまめにアルコールや
塩素系の消毒剤などでの消毒を徹底してください。

RSウイルス感染症の症状は先にも書いたように
風邪のような軽い症状で気づかないこともあるので、
幼児以上の子供や大人は、赤ちゃんに近づかないようにすることが
予防・対処法です。

RSウイルス感染症 薬

RSウイルス感染症には特効薬というのは特にないので、
症状を和らげる対症療法が基本となってます。

残念なことに予防ワクチンないので、早産児などの感染予防のためとして、
抗体製剤パリビズマブが筋肉注射で投与されることがあります。

栄養価も高い食べ物を継続して食べるのも予防になりますよ?

RSウイルスは、通常、晩秋、冬、早春と発症期間が多く、
4~6ヵ月と継続して流行するので、これからの季節は特に注意が必要!

長々と書いてきましたが…

小さな子供さんがいる場合には、お母さんがRSウイルス感染症になっていて、
知らず知らずのうちにうつしてしまうこともあるので、
風邪の症状が長引くようなら、早めに診察を受けてください。