trivia99

最新のトレンド情報からあるある豆知識を随時紹介します。

世界一受けたい授業!!沢田式ほうれい線予防体操のやり方は?

time

世界一受けたい授業!!沢田式ほうれい線予防体操のやり方は?
この記事の所要時間: 231

世界一受けたい授業!!でお馴染みの 沢田彰史(さわだ あきふみ)先生が
考案した「シワ&ほうれい線予防体操」!

番組モニターとして参加された麻木久仁子さんの1ヵ月の効果が
番組予告に使われていたので、放送を楽しみにしていた人も多いはず!

…ですが、その前に、沢田彰史先生が
前回の世界一受けたい授業!!で公開されたのがこれ!

フル動画はこちら

この時は美脚マスターとして沢田先生は紹介されてました。

美脚エクササイズもわりと話題になっていたので、
ご興味あればどうぞ視聴ください。

今回 放送されるのが、「シワ&ほうれい線予防体操」!

先生曰く…
「シワを改善させるには、顔の筋肉である表情筋を鍛えて、
シワの出来にくい肌のしっかりとした土台を作ることが大切です。」

麻木久仁子さんのモニター効果もバッチリだったので、
是非お試しください。。。

沢田彰史式シワ&ほうれい線予防体操のやり方

※©ntvより引用

(顔の中の)眼の周りの眼輪筋と口の周りの口輪筋という筋肉を鍛えます。


①眉毛を上げる
②①の状態のまま目を半開きにする ※この動作で眼輪筋が鍛えられる
③②の状態のまま口をタコのような形にして斜め上方に突き出す

④この①~③の状態を10秒間キープする
⑤1回3セットを1日朝晩の2回行う

画像をみてわかると思いますが、
ちょっと、人前でやるのは恥ずかし体操かもわかりませんけどね…

ちなみに…
アラガン・ジャパン株式会社が30~50代女性300名を対象に
シワに関する調査を実施した結果…

「自分の顔のシワが消せたらうれしい 80.7%」

“自分の顔”で「老けた」と感じるところでは
1位「たるみ」、2位「シミ」、3位「シワ」

“友人の顔”の場合でも
1位「たるみ」、2位「シワ」、3位「シミ」

共に1位になったのは「たるみ」ですが、

“自分の顔”で一番気になるシワということになると…
1位「ほうれい線」54.7%、2位「目尻目元」、3位「眉間」

“他人の顔” で一番気になるシワでは…
1位「ほうれい線」47.7%、2位「目尻目元」、3位「眉間」

…となって、「ほうれい線」が1位で
約50%の人が気になってるという結果になってます。


※イラスト引用先:http://le-grandbleu.on.omisenomikata.jp/diary/517710

確かにイラストでもわかるように、
「ほうれい線」があるのとないのとでは、印象が違いますよね?

雑誌名は忘れたのですが、
現在では職場へのパソコンの普及や食生活の変化などによって、
ほうれい線のできる年齢が、昔よりも若くなってきているとか?

その理由としては、パソコン作業が増えたことで、
顔、頭、首などの筋肉が固くなっている人が増え、
ほうれい線ができやすい環境になってきたということが
紹介されてました。?

また、肌が乾燥気味の人もほうれい線ができやすいみたいですよ。

ほうれい線の予防や対策、改善などに、色々なサプリや治療法がありますが、
まずは簡単にできる予防法から始めてみませんか?

ミドリムシの効果・効能!栄養価も高くダイエットにもおススメ!